ユベントスとデルピエロが契約延長合意 2010年までプレー

アレッサンドロ・デルピエロとユベントスの契約延長をめぐる
問題は、ようやく一つの結論に達した。

代理人を務める兄のステファノ・デルピエロが火曜日の正午から
クラブ首脳陣との話し合いを行い、ブラン代表取締役、スポーツ
ディレクターのアレッシオ・セッコに続いて、午後にはコボッリ・
ジッリ会長もクラブ事務所に到着した。

クラブ事務所で双方の弁護士が到達した結論は、デルピエロが
2010年6月30日までユベントスにとどまるという内容の契約。

今年の11月9日で33歳を迎えるキャプテンは、これまでの契約を
2年間延長することになる。1年目は20%、2009−10シーズンは
25%の減俸を受け入れたようだ。

“ピントゥリッキオ”(デルピエロの愛称)は新たな契約の
1年目には約400万ユーロ(約6億6000万円)、2年目には350万ユーロ(約5億8000万円)を受け取ることになる。

ユベントスとデルピエロとの契約延長までの経過 詳細
サッカーblogrank


2007年10月17日(水)

−記事引用 スポーツナビ−

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。