インテルに北側ゴール裏の1試合閉鎖処分

セリエAのスポーツ判事はインテルに対し、サンシーロの
北側ゴール裏を1試合の閉鎖処分とすることを決定した。

10月6日に行われたナポリとのホームゲームでインテルの
サポーターが掲げた横断幕(「ナポリはイタリアの下水道」
「コレラ患者」)に対する裁定である。

これらの横断幕は、
「相手サポーターに対する、また彼らの町に対する侮辱的な内容」
と判断された。

横断幕が外された後には、スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァの
同じセクションから「同様の侮辱的内容の野次」も聞こえてきた。
このセクションはインテルのウルトラス(熱狂的なサポーター)で
占められていた。

これでは処分は避けようがなかった。

10月31日に行われるジェノア戦では、緑色の二階席には
サポーターの入場が禁止される。


インテルサポーターの醜態 詳細
サッカーblogrank


2007年10月17日(水)

−記事引用 スポーツナビ−

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。